Blue, under the imagination

「先へ行くには想像力が必要だ」

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Memory of Marionette~

行ったのは北九州公演、かなりふわっとした一個人の感想ポエムです。

 

旧Valkyrieと現Valkyrie

も~~~メインの3人がめちゃくちゃよかった。宗、みか、なずなの交錯しつつも決して交わることのない感情の線と線が目に見えるようで、いつの間にか物語に入り込んでしまってめちゃくちゃに泣いてしまった。いくつか印象的な場面があって、まずはfineとのライブで音響トラブルが発生したときにみかとなずながアカペラで歌い出した直後のお師さんの独白。「僕の青春」と形容するひとりぼっちの姿が寂しくてつらくて痛くて、それでもなお美しいな、と思わされるのがValkyrieの斎宮宗だな…。あの音響トラブルの演出も、客席を取り込む舞台のかたちだからこそ余計にゾッとする、ストーリーを知っているはずなのに心臓がヒュンってなった。


あと、七夕のライブで再びfineと、英智と対峙して呪詛を吐くお師さん、を、地面に崩折れながら見上げるみかの表情。あのお師さんのセリフ、よもやアイドル育成ゲームのシナリオとは思えない禍々しい呪いの言葉、それをすべて言い切るが早いか、ライブ終わって茫然としてたみかの口の端がニィ、って歪むのをねえ、見てしまったんだよねえ。お師さんからは見えてないんだけど。みかの、お師さんに対する一筋縄ではいかない感情が垣間見えた気がして、すごいどきっとした。


最後、なずなはお師さんに「幸せになるから」「幸せになってくれ」と言うけれど、きっと幸せのかたちはそれぞれ違うっていうのを3人ともわかっているのが切ない。みかだって、それを分かったうえで地獄の果てまでお師さんについていくって言のが、もはや恐怖にすら感じた。ヴァに限らず、あんスタの子たちにはみんな幸せになってほしいなと常々考えているんですが、幸せってなんなんだろうなと舞台のあとしばらくこんこんと考えてしまいました。お前のことだぞ瀬名泉。


舞台のいいことのひとつに、原作でコマやスチルにはいないところの表情や仕草も見えるところがあると思っていて、今回もそれは例外でなく。山崎くんのお師さんはいつだって背筋から指先までピン!としているのがたいへん良かった。ビジュアルオバケ。カテコで、本編のストーリーの湿度からは想像つかないトンチキな曲歌ってみんな客降りしてる中、ステージに残って、それでも淑やかに客席を操るように煽るのが最高でした。聞きたいなと思っていたノンノンノンッ!の3連ノンッ!が聞けてよかったです。猪野くんのみかはま~~~ちょこまかとよく動く!喋る!だからこそセリフやライブとのギャップが際立っていたのもある。喋るトーンがス…と変わるところ、わざとらしくないというか、みかの”本心”としてにじみ出てる感じがしてウワァ…と引くくらいすごかった。猪野くんがみかに決まったときは、結構意外なキャスティングだなと思ったけど、思ってたより馴染んでたというかその上を超えた解釈見せつけられるからほんとすごいと思う。お芝居に関してはめちゃくちゃ信頼してる役者さんのひとりです、猪野くん。過激な設定のキャラクターっていくらでもそう色付けして表現する手段があると思うんだけど、お師さんもみかもそうではなくて、なんかもう…人間だったな…って、語彙力が消失した。大崎くんのなずなも超超超かっこよかった、可愛かったんだけど超かっこよかった。言葉のない演技も多かったけど、悲痛さがちゃんと伝わってくるから、らびの1年生たちとのやり取りやお師さんへの最後の言葉でそれはもう見事に泣いちゃった。

 

 

 

他のキャストではやっぱり英智に目が行ったかな、つくづく今回のストがマリオネットだけでなくてよかったなと思いました、英智にとって。ものすごく生に執着する英智の気迫がお師さんと対比されて、英智ってこういう人間だったなあと改めて思いました。日々樹渉とのやり取りも良かった。ところでわたしは原作のあらゆるストーリーにおける真白友也と日々樹渉の関係性がすごぉく好きなので、入学前後のあの初々しいやり取りとついこの前読んだガチャストを思い出してウウ…となりました。なずなもそうだけど、3年生と1年生が過ごす1年間って儚い。あとは舞台装置含めて演出もとてもすきでした!ヴァのライブは舞台が似合う。大きなぜんまいのような装置や、マッピングもきれいで。魅惑劇が頭から離れない。

 

今回、マリオネットが七夕と一緒になっていたことで時系列と関係性はすごくわかりやすくなっていたと思うけど、よくもまあこんなえげつないストーリーを舞台にして、役者さんたちが(わたしにとっては)すごくいい解釈をしてくれたなあという感想です。原作イベストも舞台でも、彼らに救いがあるのかどうか分からない結末だけど、夢ノ咲のみんなにはわたしたちが見ることができない未来があって、どうかその未来がみんなにとって良いものだといいな…と思いました。感想が重い。重いけど原作が原作だから仕方ない。おい聞いてるか瀬名泉。

 

見に行けるかぎりぎりまで分かんなかったんだけど見れてほんとによかったなと思う舞台でした。

終わり!