loglog

140字からあふれたものたち

20170311 cinema staff@ONTAQ

開催3年目、わたしにとっては2回目の天神ONTAQ。土曜日のみの参加でした。年々サーキット形式のイベントがキツくなってくる、目当てのバンドが見れたらそれでいいかな、というくらいのモチベーション。おととしの初年度も1日だけの参加で、Rhycol.と、森タカ待ちのあいだにマイヘアしか見てない。移動1回。全然サーキットしてない。今年のONTAQはcinema staffと、THE PINBALLSを見に。

 

THE PINBALLS

セトリ見つけられなかった。初めて見たのが2011年のMCTなので、5年ぶりくらい…!あのときはアーリーで見たんだな。音源もずいぶん追えてなくて、序盤は知らない曲ばっかりだったけどボーカルさんの声、5年前の記憶から色褪せてなくって色気がすごい~~~!プレイにも熱量があるし、ルーツはガレージなんだろうけど、シティポップ的なおしゃれさもあって。唯一わかる曲がアンテナとテンベアだった!というか、知ってる曲やってくれると思わなくてうれしかったし楽しかった!福岡でワンマンもするみたいで、予定チェックしておこうかな。

youtu.be

cinema staff

graet escape

tokyo surf

希望の残骸

望郷

返して

theme of us

 

リハで西南西の虹。あと、飯田さんが声だしで、KUDANZの「風の輪郭」のメロだけ。風の輪郭だいすきなんだよ…いつだか、外食でアコースティックしてた時にもリハで歌っていて。玄さんの歌も聞きたくなるな。1曲目が割と久しぶりに聞くグレスケ!サーキットイベントだし、余所行きのセトリかな?と、この時点で思っていたわたしの頬をひっぱたいてくれ。グレスケもドラムの手数なかなかに多いし、キツそうにたたく久野さん見るの結構すき。希望の残骸で絡まった糸をほどく三島さんは確認できず。短いMC(これは余所行き飯田氏でした)をはさんで、の、イントロでぞわっとくる、望郷…!こういう短いセトリで、過去に出したアルバムの1曲目をやるって、かなり曲の印象も変わってくるから面白い。で、最後のてーまおぶあすね、なんかね、飯田さんの歌い方から、三島さんのベースプレイから、めっちゃくちゃ気合い入ってていきなりどうした?!てかんじで。(笑)三島さん、イントロで腕ぐるんぐるんしてかっ弾いてたけどあんなの初めて見たぞ。辻さんは安定の(?)フロアダイブ。アウトロの久野さんもいつもより振りかぶっててしかもはちゃめちゃ笑顔で…!なんだか、なにがスイッチだったんだろう?てくらい全員テンション振り切れててびっくりしたし見ていて気持ちよかった!飯田さん、最後ギターの弦切れてたな。でもほんとになんであんなにテンション高かったのか、なんでだろうな。(笑)

youtu.be

 

シネマのあとは余韻に浸りつつ、連れが見てみたいって言ってたBenthamを見にアーリーへ。若い。見るのにつかれた。そして最後はHalo at 四畳半。ハロ、近年まれに見るいい人オーラはんぱないバンドだった。初めて見たし音源もほぼ聞いたことなかったんだけど、ボーカルさんの歌がまっすぐ届いてくるかんじで歌詞も聞き取りやすい。これ、けっこうすごいし大事なことだとおもう。案外、歌詞知ってるから聞き取れるのであって、初聞きでライブで歌詞がハッキリわかる歌い方する人って少ない気がするので。当社比。あとドラムの子がシネマT着てたのでいい子だな♡と思いました!!!!

ダイレクトマーケティング

cinemastaff.net

アルバム楽しみにしてます。

 

17日にも知り合いの企画でライブ見に行ったけど、顔見せにいったようなものだし特にピンとくるバンドもいなかった(というかずっとバーカンにいてほぼライブを見ていない)ので割愛。次にライブハウス行くのは5月の予定です。

 

おわり。