Blue, under the imagination

「先へ行くには想像力が必要だ」

若手俳優のイベントに初めて行ってきたはなし、タカトークautumn in福岡

タイミングというタイミングがかっちり合いまして、生まれて初めて若手俳優の個人イベントに行ってきたよ!楽しかったよ!という小学生の日記です。レポじゃないです。雰囲気とテンションで読んでください◎


行ってきたのは永田崇人くんのイベント!『タカトークautumn in福岡』、2部まわしの2部のみの参加。会場はビル内のライブハウスだったので、そんなに前の席じゃなくてもよく見えてよかった。始まる前にご本人による影ナレ、なぜかカミカミで会場ちょっと和む…。ステージに下されたスクリーンにブロマイドの撮影風景?みたいな動画が流れてから崇人くん登場!お衣装が可愛かったな、赤いギンガムチェックのシャツに蝶ネクタイ、黒いサロペット?みたいなの、これ↓

 

みんなどこから来たの~?みたいなゆるいトークから始まり、関東とかから遠征されてる方もちらほらいらっしゃったり、はたまた地元の高校生(!)が来ていて、「そこお母さんの母校やん!お母さんって呼んでいい?」みたいな謎のやり取りがあったりとか(ちなみにガチお母さんも会場にいらした、美人だった)。ロシア人の方もいた。すごい。イベントタイトル通り、お客さんともトークしたい!っていうことで崇人くんからガンガン絡みにいくし、そこで話せるお客さんもすごいな…!


2部のゲストは武子直輝くんでした。登場してからずーっと、ふたりのやり取りの間がほぼ素のようでほほえましかったー。ふたりの共通点は趣味?服とか?いうほど共通点なくない?みたいな終始ゆるいトーク。あ、カラオケいくって話とかもしてた、武子くんがカラオケでガチでし○じろうのはっぴーじゃむじゃむな歌を踊る、って話から、音駒の楽屋でも梶原颯くんとかと踊ってて、そこに偶然通りがかった猪野広樹くんも巻き添えにして一緒に踊っていたらしい。めっちゃ楽しそうじゃん…(笑)実際にふたりで歌って踊ってくれたんだけど(笑)「ステップ踏めば~♪」の動きが面白かった…踊ってるほうもおかしいのかずっとステップ踏んでた。


で、途中でVTRコーナー。事前に撮影していた3つの映像から(らんぷ作り、猫カフェ、買い物の達人)、ゲストの武子くんがクジで引いた映像を見る、ということで2部は猫カフェ!お客さん大歓喜!ですよね!VTRは崇人くんの事務所の先輩の中谷優心さんと。途中、ふたりで映像止めてツッコミつつ、というかんじ。大歓喜のはずの猫カフェの映像は、ふたりとも全く猫ちゃんたちになびいてもらえないというオチ…猫耳までつけたのに…!途中でクイズコーナーがあったんですけど、「崇人くんの最近あった嫌なことは何か?」で、3択の答えは「覚えてない」だったんですけど、「寝たら嫌なこと忘れるんよね~、ね、しょーり!しょーり嫌なこととかある?」「(食い気味に)ないよぉ~!嫌なことはない!生きてるだけで幸せぇ!」って答えた近藤頌利くんの好感度がギューンと上がった。そう、頌利くんゲストじゃないのにいたんですよね。普通に、壁際のソファーに。(笑)保護者…


対決コーナー?は任天堂switchのマリカー対決!崇人くんはマリカー苦手なので、武子くんのswitchを借りて練習してたらしい。ちょっと前に崇人くんと猪野くんがさしめしでエアマリカー(?)してたんだけど、その名残でピーチ姫選んでたしなんか声もずっとオカマ声だった(笑)でもあれですね、ゲームって本性出るのかな…負けそうになるたびに「チッ」「クソッ」「しねぇ~!」ってどんどん口悪くなっていくのが面白くて…結果、武子くんの余裕勝ちで終了。


歌カトーク、と題して歌もうたってくれました、ソロで阿部真央の「Don't leave me」、武子くんとふたりで玉置浩二の「夏の終りのハーモニー」(達成くんもカラオケでうたうらしい)。崇人くんの歌声すきだし、女性(っぽい)曲だとそれが映えるかんじがするから阿部真央聴けてうれしかったな~。


終わった後はお見送りハイタッチ。イベント用に崇人くんが書いてくれたビラに、福岡のおすすめのお店で「稚加栄のランチ」と「名島亭」(ラーメン)と、「多牛の焼肉」ってあったので、ハイタッチで多牛の肉の話してしまった…。「多牛の焼肉おいしいですよね!」「ハイキュー?!」「たぎゅう…」「あ!知っとーと?!まじおいしいよね!」な、なんて中身のない会話~~~!いやでも多牛コスパ最強でほんとおいしいんだよ~~~行く方はネットも電話も予約できないから注意してね!15時からお店の予約ノートに名前書いてね!


ほんとにゲストとも頌利くんともお客さんとも喋りまくってて、イベント中にナチュラルに出る福岡弁(博多弁)も可愛かったな、「最初に映像あったやん?あったっちゃん!いや、あったと!」って、博多弁萌えの三段活用かと思った。喋りがうめぇんだ…面白いしかわいい、あざとい、かわいい、くやしい(?)別々の席で見ていた友達と、崇人くんにハマるひとの気持ち、分かる気がするね…と語りながら帰路についたのでした。出身地だから、ということで福岡でイベントしてくれたけど、福岡でしてくれるのってかなり貴重だとおもうし、やってくれてありがたいし、また行きたいなあとおもいました、!

lineblog.me

ブログはっつけたはいいけどサムネで完全プライベートの達成出てくるの草すぎ(かわいい)


終わり!