Blue, under the imagination

「先へ行くには想像力が必要だ」

ミュージカル「あなたの初恋探します」

ミュージカル「あなたの初恋探します」
大野城まどかぴあ

 

musical-firstlove.com

大野城で舞台観るの初めて、3人芝居観るの初めて、生バンドがいるのも初めて、韓国ミュージカルも初めて、役者さんも全員初めまして、の初めてづくしの舞台でした。

 

あらすじ

 物語は、何をやってもダメダメな男・ミニョクが始めた「初恋探し株式会社」に、ヒロインのアン・リタが、忘れられない初恋の人“キム・ジョンウク”を探しにやって来るところから始まります。といっても、手掛かりはキム・ジョンウクという名前だけ。果たして初恋の人を無事に探し出すことができるのか…? リタの記憶を頼りに、ミニョクとリタの2人で初恋の人を探し出す過程をロマンチック・コメディ・ミュージカルとして描いた作品。

http://webronza.asahi.com/culture/articles/2018050100010.html

 

「ロマンチック・コメディ・ミュージカル」ってぴったりすぎるな?!というのが終わってから真っ先に思ったこと!もともとは韓国で上演されているミュージカルで映画化もされているとのことでしたが、あいにくわたしは韓国舞台はおろか、ドラマや映画もほとんど見たことがなくて。そもそもベタなラブ・コメディが韓国だろうが日本だろうがあまり得意ではないっていう思い込みがあったんですが、まあ面白くってあっという間に時間が経ってしまった!(笑)思い込みいくない。

 

キャストさんのこと。村井さんは映像で見たテニスや戦国鍋から記憶が止まっていて、でも名前はいろんなところでお見掛けするので生でお芝居見てみたいなあ、とぼんやり思っていました。冒頭から出てきたミニョクの、ヘタレだけどどこか憎めない愛らしさといったら!動きやダンスもコミカルで、顔芸もなかなかすごくて(笑)歌も楽しそうでよかったなあ。キム・ジョンウクを演じているときはミニョクより爽やかさと胡散臭さが5割マシマシ!ってかんじだった!さりげない仕草とか、なんか動くたびにシャラン…って効果音入りそうなイケメン!お客さんにゲロ吐いて回っていたのめっちゃ面白かった、4・5回は吐いてたね。

 

でも途中から、頼りなかったはずのミニョクがどんどん魅力的に見えてきたのは、アン・リタを演じる彩吹さんの演技にぐんぐん引き込まれていたからだろうなと思いました。アン・リタ、行動力があってハキハキしていて、そのくせ怖がりでちょっとわがまま、最初はあんまり友達になりたくないタイプだと思っていたんですけど!(笑)だんだん可愛くいじらしく見えてくるんですよねえ。途中のダンスでめちゃくちゃキレイに脚が上がっていて、すごいなタカラヅカみたいだな~!って思ってたらタカラヅカの方だった!無知!どうりでダンスはキレッキレだしお歌がお上手なわけだわ!村井さんと歌うときのきれ~いな高音が、村井さんのしっかりしたやさしい声と混ざるのが素敵だなと思いました。

 

マルチマンとして22役を演じていた駒田さん!上から下までの早着替えすごい!いちばんすきなキャラは「ペ・ヤング」です。そういうネーミングに弱いんだわたしは。インドの人もすき。最初に出てきたとき歌うますぎてめっちゃびっくりした。ほとんどがコミカルなキャラクターなんだけど、あれだけお客さんを乗せていけるのって勢いだけじゃ出来ないと思うのでホントすごい、すごい面白かった!

 

3人芝居なので、暗転もまあまあ多かったんですが、2段セットの上のほうに生バンドの方々がいらっしゃったのもあって、ぶつ切り感や間延び感もなく、ほんと夢中になって舞台を見続けられました。ジャンル違ってもドラムに目が行くんだよなあ…シンバルカウント大好きおばさんだからさあ…インドの場面で、バンドの皆さんもいつの間にかお帽子被ってたのすごい可愛かった(笑)

 

私が見た回はアフタートーク付きでした。お三方が捌けて行ってから拍手鳴りやまなくて、すぐまた出てきてくれてぬるっとトークが始まるという…駒田さんの早着替えの話、体の左右がはんぶんずつ分かれているやつ、村井さんが「あれどうやって着てるんですか?!」って聞いたら駒田さん「え!知らないの?!…な~いしょ♡」って言ってほんとに教えてくれなかった。(笑)アン・リタの10年前を演じる時のポニーテール、可愛いなあと思ってたらあれは演出家?の方の初演の時からのつよい要望だった、という話も彩吹さんがされていました。可愛いもんねポニテ、わかる。あとは、村井さんのキム・ジョンウクの役作りが初演と変わった、って話。初演はキラキラ王子様みたいなイメージだったけど、今回は韓国ドラマのイケメン風な喋り方をしてみようと思って…ってボソボソっていい声でしゃべる物まねがほんとうにそれっぽくて(笑)結果、ボソボソしすぎて何喋ってるかわからん!と却下になったらしいですが。終始和やかなアフトで、お三方の仲の良さが伝わってくるようでした。

 

見に行ってよかったなあと、ほくほくしながら帰りに天神の牛心で食べた唐揚げ丼(500円)を貼っておわります!

f:id:dwnq72:20180805223850j:image