Blue, under the imagination

「先へ行くには想像力が必要だ」

20180927 cinema staff×アルカラ Split EP『undivided E.P.』RELEASE TOUR~A.S.O.B.i~

@DRUM Be-1

f:id:dwnq72:20181012232443j:image

cinema staff セットリスト

1.想像力

2.theme of us

3.エゴ

4.奇跡

5.熱源

6.いたちごっこ

7.borka

8.シャドウ

9.チクショー

10.great escape

11.HYPER CHANT

12.first song(at the terminal)  

 

5月のわけわからん対バンぶりのシネマ。今年は平日ばかりの東名阪ツアーをぐるぐるぐるぐるやっていて、ツアーで地方に来てくれないさみしさとか、有給使ってまで東名阪行かない自分に対してシネマのこと好きじゃなくなったかなって自己嫌悪とかじわじわ感じていたところで、それらを払拭してくれる気持ちのいいライブでした。飯田さん曰く「エモみがすごい」日だったこの日、何よりステージ上の彼らが楽しそうにしてくれることがいちばんだなあ、と2曲目でじんわり思うなど。楽しそうにかっこいいバンドやってくれてそれを享受できる以上の喜びってないよね!スプリットCDのリリースツアーと銘打ってはいるけど、セトリは各地割と自由度高くて、きっとアルカラのせいでもあるんだろうけど、いたちごっことか久しぶりすぎてサビ前の「いたちごっこは~もううんざりだ~」を聞くまで曲名思い出せなかったことを白状します。しかしうちのみずき(うちのではない)歌がうめえ!!!!アルカラのカバーでチクショーやったときに改めて思いました。歌がうめえ。たいすけさんも上手いけど、あの、うちのみずき、歌がね、うまいんですよね。あとはだいたい久野さんのドラムばっかり見ていました。どんなにテンション上がってもフロアタムの音が優しいところが好きです。HYPER CHANT、三島さん絶対「ハイパーチャンポンっ!!」って言ってた。ハイパーチャンポン!!!めっちゃうまそうやん。

 

アルカラのセトリは覚えてないけど、それでもキャッチーを科学するとか、半径30㎝の中を知らないとか、アブノーマルが足りないとか、なんだかんだ半分くらいは曲名が分かるもんだ。三島さんリクエストは「トロピカルおばあちゃん」でした。チョイスがただのファン!最高!「秘密基地」が聴けたのはとーっても嬉しかった、しっとりした曲でのびるたいすけさんの歌声がキレイで切なくって、大好きな曲です。

 

アンコールは両バンドとも出てきてもう何が何やら、久野さんが可愛かったことしか覚えてないな~!

 

楽しかった~~~と大満足で会場出て、チケット取ってくれた先輩と一緒にら~めんで打ち上げました。親富孝の「おの」です。いつの間にか限定ラーメンがなくなってたのでふつうの豚骨ラーメンで。

f:id:dwnq72:20181012232512j:image

美味しかったです!

終わり!